雛人形

ひな祭り

雛人形いらないんだけど娘に譲るのではダメ?買うか誰が選ぶの?

初節句に雛人形って必要?雛人形なんか飾るスペースがあるような家ではないし、ましてや本人はまだお雛様が何なのかもよくわからない状態。母親の私もそんなにひな祭りに思い入れがあるわけでもないし……というこちらとの温度差を全く考えずに実家は買うつもり満々で連絡が来てつらい。これって意外と困るパターンです。っていうかお雛様って本当に必要なの? お雛様買わなきゃダメ? そんな悩みをお雛様の現時点での問題と将来的に考えられる問題を合わせて考察していきます。
ひな祭り

猫がいる家庭では雛人形はどう守ればいい?お雛様の猫対策

娘の初節句のために雛人形を選ぼうとは思ったけど、そういえばうち猫いるけど大丈夫なのかと心配する全国のお母さんに速報です。猫はお雛様を玩具にする可能性は非常に高いです!猫だって悪気があるわけでは・・・・いや、あるかもしれませんが、本能的なことなのでヤメテは通じません。もはや猫様は雛人形にいたずらを仕掛けるものとして、人間側が対処するしかないのです。三月桃の節句、お雛様を巡る人間VS猫の壮絶な攻防戦を対策していきます。
ひな祭り

雛人形は結婚後どうすれば?娘に譲る?いつ処分すればいい?

結婚して初めて自宅と呼ぶものが実家以外になるとき、自分の雛人形はどう扱っていいのか分からなくなる時があります。嫁入り道具として持参とは話に聞くけれど今どきの風潮とは思えないし、しかしずっと実家に置いておくのも忍びないような・・・。しかも雛人形は「受け継ぐ」ものともいうし、もし将来娘が生まれたら自分のお雛様を娘に譲った方がいいのかな? そのためには結婚したら持って行った方がいいのかな? 違うなら自分の人生のうち、どこで処分すればいいのかな?と、風習と現代の住宅事情に挟まれて混乱する方もいると思います。雛人形を結婚後どうすればいいのか、雛人形の意味を元に紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました