リケジョのおすすめ ショッピング

楽天市場の送料を安くする!送料無料の条件や無料にする方法

投稿日:2018年10月28日 更新日:

よくマイナーなものを買うときに楽天を利用するんですが、楽天市場って品ぞろえはいいのに送料が結構高いことが多いですよね。
しかも賞品や店舗ごとに送料が異なるし、キャンペーンも豊富過ぎて唐突に送料無料になったりならなかったり。
一体どういう仕組みなんだ?!と思って楽天市場をヘビロテしながら送料を、ひいては同じ商品でもどうにかして安く買える方法を調べてみました。

スポンサーリンク
  

楽天市場の送料を安くする方法ってある?

500円の商品を買うのに送料600円とか、「え。それ楽天で買う意味ある?」って思うこと結構ありますよね。
ちなみに私が最近↑の状況に陥ったのはオーブン陶芸用の粘土です(笑)
試しに買いたいから送料無料になるほどまとめ買いはしない、なのに送料の方が高いってどゆことよwwと。

まず楽天市場で買う場合の送料というのは、店舗ごとにそれぞれ設定されているため一定ではありません
あっちのお店は送料200円、こっちのお店は送料400円なんてことがザラにあります。
なので第一に、同じ商品でも送料が安いお店を見つけるのが最初にやることになります。

特別な配送手段が必要な物(重たい物など)以外は、宅配便・メール便・コンビニ受け取り・代引き・ネコポスなど色々な種類があります。
店舗によってもですが、商品の種類や個数によっても配送手段が変わってくるので

この緑色で囲った部分をクリックして、どの配送手段が選べるのか値段と共に確認してみてください。
ちなみに安いのはメール便やネコポス
メール便が使える店舗は安く送ってくれるのでぜひ候補に入れておきたいところです。

で、送料を安く、と言いつつちゃうやろと突っ込まれそうですが、欲しい物があったとき「送料無料」のチェックボックスにチェックを入れて検索してませんか?
送料安くだから送料無料は普通と思いたいんですが、結局送料を安くしたい=全体としてかかる金額を安くしたい、はずですよね。

実は送料無料って書かれているところは送料込の値段が書かれている場合があって、商品の値段自体が高い場合があります。
なので実践してほしいテクとしては

①欲しいものを商品の種類を検索して商品名まで絞り込む(メーカーだけでなく容量、品番まで決め打ちする)
②送料無料のチェックボックスを外して「値段の安い順」で検索をかける

こうすることで実は合計すると送料無料の店舗よりも安く買える店舗が見つかる場合が多いです。

またやってしまいがちなのが『掛布団はこっちのこれが安い、敷布団はあっちのあれが安い』と別店舗にばらけて注文をしてしまうこと。
店舗が違うとその分だけ送料がかかるので、多少送料が高い店舗であったとしても同じ店舗内で商品を選んだ方が安く済みます
同梱(同一の配送先へお届けで発送温度区分が同じ複数商品を、まとめて1個として配送すること)が出来るとそれだけ送料が割安で済みますので、出来るだけ同梱を目指せるように商品を選んでみてください。

楽天市場の送料無料の条件は?

Amazonとかだと2000円以上で送料無料!とかになるんですが、実は楽天はこういった一定の送料無料の条件がありません
これは配送を楽天市場が行っていないから、つまり店舗ごとに配送業者が違っていてサービスが違うのが原因です。
店舗によっては5000円以上だったり2000円以上だったり1万円以上だったり様々です。

そのため対応策として私がやっているのは、買いたいと考えている商品をお気に入りに登録しておくこと
こうすると店舗やその商品がキャンペーンになった時に通知が来るようになります。
もし送料関連で割引になるようなキャンペーンがあれば通知が来るので、お得な時に注文をするという方法です。

スポンサーリンク

今すぐに必要!という場合にはなかなか難しいですが、安い時を狙って買いたいな~と思っているぐらいであればお気に入り登録をして気長に待ってみるのもいいかもしれません。

楽天市場の送料を無料にするには?

普通は送料を無料にすることはできません。
ただし、学生さんと楽天プレミアムの会員だけは送料を無料にする手段があります。

まず学生(15~25歳)は楽天学割というのに無料登録することで、年間24枚の送料無料クーポンを入手できます
ただしいくつか条件があり、対象店舗が限られることと税込1000円以上の買い物であること、そして送料が700円以上かかる場合です。
3000円ぐらいだと送料無料金額まで届かない場合があるので、そういう場合には利用価値があると思います。

つぎに楽天プレミアムですが、こちらは年会費3900円の有料会員です。
これに加入しておくと、送料分がポイントとして還元されるので次に買い物をする際には前回にかかった送料の分だけマイナスに、つまり何度も同じものを頼むならポイント利用をすれば次回から送料無料と同じ状態になるわけです。
ただし年会費が3900円かかることを考えると、一回送料500円かかるとしたら単純計算8回は注文しないと元が取れません(他にも特典があるので送料だけでは判断できませんが)。
楽天ヘビーユーザーならば楽天プレミアムはおすすめですが、数回の買い物のためならば利用しない方がよっぽどお得です。

変則的ですが、この二つが送料を実質無料に出来る手段です。

また、買えるもの限定されますし一回しか使えませんが楽天24(楽天のダイレクトショップ)は初回のみ1500円以上の買い物で送料無料のクーポンがあります(ただし企画の中止や内容変更の可能性あり)。
なので、もし欲しい物が日用品であれば店舗をチェックしてみるのもいいかもしれません。

楽天の送料を安く・送料無料にするまとめ

●送料無料で調べると逆に高くなることもあるので、トータルで安くなるように送料込の値段で商品を決めてから調べるのがおすすめ
●送料無料の条件は店舗ごとに異なるので、もし他にも買うものがあるのならば1店舗にまとめて注文した方が断然お得になる
●楽天学割と楽天プレミアムは実質送料無料にすることは一応可能

実店舗に行って買えればそれがいいんですが、マイナーなアイテムはやっぱりネットショッピング頼みなところが多いです。
となると、Amazon・ヤフーショッピング・楽天が主力候補ですが、雑多な感じで分かりづらい代わりに掘り出し物が多いのが楽天市場かな~と私は考えています。
使い分け次第ではお得にも損にもなるので、ネットショッピングは送料含めて調べ尽くしてから注文するのが鉄則です。

-リケジョのおすすめ, ショッピング
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。