季節-春 母の日

母の日に現金と商品券のどちらが喜ばれる?義母へも贈っていい?

投稿日:2019年2月24日 更新日:

花、カーネーションはともかくとして、ハンカチ香水お菓子日傘スカーフバッグ化粧品お財布・・・あと何がありますっけ。
ホント、母の日のプレゼントってネタ切れ起こしやすい気がしてなりません。
そういう時にお金、つまり現金を包んで渡せたら・・・楽、って言ったら怒られるかもしれませんが、考えに考えていい物が思い浮かばなければコレしかありませんよね。
でも本当に現金をプレゼントにしてもいいのかどうか、ちょっとブレーキがかかってしまう人多いんじゃないかと思います。
プレゼントに現金はどうなのか、また代替案としての商品券はどうなのか?紹介していきます。

スポンサーリンク
  

母の日に現金をプレゼントするのはあり?なし?

母の日に現金をプレゼントするのはあり!と、言い切りたいところですが、スイマセン喜ばれない方もいるので注意が必要です。

まず、目上の方に現金をプレゼントする行為そのものについてですが、異動や退職の時の餞別としてはマナー違反とされています。
しかしお礼としての現金は目上の方でも大丈夫なので、今回の母の日のプレゼントというのは日ごろの感謝ですから「あり」ということです。

で、問題はここからですよね。
母の日に現金を渡すことについて、何かモヤモヤしているのを言葉にすると「現ナマですか・・・」という生々しい感覚。
即物的過ぎていいのか?!という感覚に陥るんじゃないかと思います。

一方で物でもらうよりも自分で好きに使えてそっちの方がいいという人もいます。
なので喜ぶかどうかはその人次第・・・というのが大きいというわけなんです。

じゃあどこで見分けたらいいの?というと、一つ大きなポイントとしてはお金のありがたみがある家庭状況かどうか?という点です。
旦那さん(つまりお父さん)が社長とかで、お金にそう苦労していない場合には、お金をもらっても「うん?」って感じになります。
そういう人には「お母さんのために選んだんだよ」という気持ちが分かる物をプレゼントする方が喜びます。

また、これまでプレゼントしたものを使っていたり、取っておいてある人はお金よりも記念に残る物の方が喜ばれます。
お金よりも物が欲しいという人は、もらったものにケチを付けながらもなんだかんだ言って使ってくれる場合があります。
それは「せっかく贈ってくれたものだから」というところにありがたみを感じているんです。
お金は使ってしまったら終わりなので、そういう感覚は得られません。

逆に気に入らなければ貰った物は使わないというタイプの人は、正直言って物よりもお金の方がお互いに気が楽。
見極めが難しいところですが、これまでプレゼントした物がどう扱われているか観察したり思い出したりして見てください。

また、贈り方も実は大事。
そりゃぁお札をホイと渡されるんじゃ気を悪くしますもんね。
現金の渡し方については

で紹介しているのでチェックしてみてください。

母の日には商品券の方がいい?

で、その生々しい現金と比較してよく考えるのが商品券。
確かに一回買うという行為が入っている分、渡しても「お金そのままですか!」的なアレは無いです。
そのため現金を渡すこと自体に抵抗がある場合には商品券にするのは大いにあり

また、現金だと1万円ぐらい包まないと格好が付きづらいのでどうしてもプレゼントにかかる金額が上がりがちになりますが、商品券だと1000円で一枚などになっているので5000円だったとしても5枚。
五千円札がペラ一枚入っているよりも少し重みが増すので、恰好が付きやすくなります。

しかし問題は商品券の種類です。
商品券と言っても種類は色々あり、ありすぎて一体どれを選んだらいい物か?と。
一番メジャーで使いやすいのはJCBギフトカードです。

JCBギフトカード/1,000円券/商品券

感想(2924件)


百貨店やスーパーはもちろん。家電量販店やディスカウントストア、果てはコンビニの一部でまで使うことが出来ます。
使える幅が広いという点では圧倒的に強いんですが、難点としてはおつりが出ないんですねコレ。

その点、おつりが出るというちょっぴり嬉しい商品券はジェフグルメカードです。

全国共通お食事券ジェフグルメカード(レギュラー券)(500円×20枚セット)

感想(479件)

スポンサーリンク


全国共通お食事券ジェフグルメカードという名前のとおり、飲食店などでしか使うことができませんが、おつりが出るので商品券の額面以下であっても安心して使うことが出来ます。
ちなみにどちらの商品券も楽天市場で買えば、期間限定ポイントを使って購入することができるのでポイントがたまっているならお得に買うことが出来ちゃいます。
色々な商品券を楽天市場で探してみる

商品券が便利なようでいて、実はおこめ券やビール券はお店によっておつりが出たり出なかったりとバラバラだったり、使えるシーンがやや限定的&変則的になります(ビール券で東横インに泊まれたり)。
なので、特別にコレじゃないとアカン!というのでなければ避けておいた方が無難な商品券の種類です。
他に図書券やクオカード、ニコス・VJAなどとにかく色々な種類の商品券がありますが、商品券として渡すならば使ってもらってナンボです。
使い勝手がいいもの、特に高齢のお母さんであるならば使ったことがあるから確実に使えるだろう種類を選ぶというのも考え方の一つです。

義母にも母の日は現金を贈っても大丈夫?

実母にならばなんとなくいいか、と思ってしまっていても、義母となると途端に躊躇したくなる気持ちってありますよね。
義理の母だから要は外の人って感覚なんでしょうけれど、果たして贈ってもいいもんかなぁと首を傾げてしまうわけです。
しかし「義母だから現金はやめておいた方がいい/現金でも大丈夫」という考え方よりはどちらかというと、その人の性格が現金でも大丈夫かどうか?の方が重要になります。

そして何よりも重要なのは義母と実母同じものを準備するということです。
そうめったに義母・実母が顔を合わせて今年は何をもらっただの言い合う場面には出くわさないとは思います。
が!何かの拍子にでもお互いに違うものをもらったと分かったら大変です。

どこから話が回るかもわからず(旦那や子供かもしれないし)、とにかく注意はしておいた方がいいです。
なので実母・義母どちらかが、現金をちょっと嫌がるタイプであれば両方ともやめておいた方が無難。
それなのに考えてもいい物が思い浮かばなければ両方とも商品券にしてしまうというのは妥当な考えです。

母の日にお金をプレゼントしてもいい?まとめ

●母の日のプレゼントを現金にするのは贈る相手次第
●これまでプレゼントしたものを文句を言いながらも使っているような場合には、物の方が喜ばれるので現金ではない方がいい
●逆に気に入らないと絶対に使わない人の場合には現金にした方がお互いにWINWIN
●現金がどうしても生々しすぎて気が引ける場合に、商品券にするというのはあり
●義母に現金をプレゼントするのは、義理だから実母だからというのくくりではなくて、その人がどう感じるかの方を優先して考えた方が地雷を踏みにくい
●義母に現金を贈るならば実母の方も現金にしておくなど、双方同じものを贈るようにしておく

お小遣いをあげるみたいで、あるいはもらうみたいで現金は嫌だという人は少なからずいます。
それはマナー云々の話ではなく感情・感覚の問題なのでどうしようもありません。
ただ、そういうのは言葉の端々に出てくる物なので(例えば孫にお小遣いをあげるときに「こどもだから~」などという言葉が出てくるなど)、注意して聞いているとなんとなく分かる場合があります。
それでも分かりづらいのが義母ですが、お義母さんへのプレゼントが現金でも大丈夫かどうか最終判断は旦那さんに意見をもらうと安心できるかと思います。

ちなみにですが、母の日同様に父の日も現金を贈る事については色々気を付けたいところがあります。

もし父の日も、母の日同様に現金を贈ろうかなと考えている場合には先取りチェックしてみてくださいね。

-季節-春, 母の日
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。