結婚式を一か月前に欠席することになったんだけどご祝儀の相場は?

リケジョのおすすめ

どうしても仕方のない理由があって、友人の結婚式の一か月前あたりで欠席を知らせる・・・。きっと準備はしてしまっているだろうし、本当に申し訳ないことです。この場合、ご祝儀はどうしたらいいのでしょうか?

行かないのだから必要ない? いえ、きっとそんなはずはないでしょう。でもお詫びに多く包むというのも違いますよね。

一か月前に急遽欠席することになってしまったら、ご祝儀はいくらぐらい包めばいいのか紹介します。

スポンサーリンク
  

結婚式を一か月前に欠席することになったんだけどご祝儀はどうすればいい?

一か月前に欠席となると、恐らくですがあなたは一度出席の返事をしてしまっているのではないでしょうか? 一度でも出席の返事をしてしまったり、あるいは行けるか行けないか分からないなどの曖昧な返事でもしてしまっている場合には、ご祝儀を払わないという選択肢は無いと考えてください。

結婚式一か月前となると、そろそろ出席者の総人数が決まり始めるころとなります。お料理などは1~2週間前ぐらいまでならばギリギリキャンセルはできますが、それでも引き出物の個数や席次表など、色々細かいところで修正していく手間が出てきてしまいます。

そうでなくとも一度は行くつもりをしていた結婚式です。お祝いの気持ちと、欠席せざる負えなくなってしまったことをお詫びする気持ちも含めてご祝儀はちゃんと用意してください。

また、ご祝儀の渡し方にもさまざまありますが、基本はご祝儀袋に入れるのが礼儀です。結婚式当日に持参するわけではないからと言ってご祝儀袋を省略しないようにしてください。

遠方の場合には現金化書留にて郵送、もし結婚式までに間にお会いする機会があれば直接手渡ししてお詫びするのもありです。また、出席する友人に預けるということも可能ではありますが、預けられる側も金額的な問題もあり責任を感じる方も多いのが現状です。もしご自身で手渡しできるようであれば、それが一番だと考えてください。

スポンサーリンク

結婚式を欠席する場合のご祝儀の相場は?

ご友人の結婚式となると、出席する場合でも1万円か3万円が相場になってくると思います。一か月を切った状態で欠席を伝えた場合には、用意していたご祝儀の金額はそのままにお渡ししてください。

これは準備をしていたことへの配慮と新郎新婦に迷惑をかけてしまったことへのお詫びが含まれています。

また、一か月以上猶予がある状態で欠席を伝えた場合には用意していたご祝儀の金額の1/2~1/3でも良いとされています。ただしこれには条件があります。今回結婚される方からあなた自身の結婚式にご祝儀をいただいている場合には、欠席を伝えるタイミングに関係なくもらったご祝儀と同じ金額を包んでください

また、最近ではペアという意味で2万円を包むことも多くなってきてはいますが、やはりまだ2で割れる数字はあまり良いとされていません。1万円か3万円かのどちらかを選ぶのが良いでしょう。

一か月前に友人の結婚式を欠席する際のご祝儀まとめ

●一か月前に欠席を伝えた場合にはご祝儀は用意する
●相場は1万円か3万円だが、自分の結婚式でご祝儀をもらっているかどうかや一か月以上なのか以下なのかでも変わるので注意
●一か月以上余裕がある場合には1/2~1/3でもよいが2万円はあまり推奨されない数字

ご祝儀をあらかじめ手渡し出来る場合にはそれに越したことはありません。ただ遠方の場合にはそうもいかないことが多いので、やはり現金書留で郵送するのが適切です。もし郵送する際には現金書留はお手紙を同封することが出来ますので、お詫びとお祝いのお手紙を一緒に入れて送ってみてください。

  スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました