雪道の徒歩の時速 大雪の通勤に徒歩だとどうなる?靴は何を履く?

季節-冬

雪の予報が出ると純粋に楽しめたのは小学校ぐらいまでで、社会人になると明日朝の通勤が億劫に感じてしまいます・・・。
というかどれぐらいの時間の余裕を持って家を出ればいいのかよくわからないし、でも寒いし。
いったい雪の日って普通に歩くよりも何倍ぐらい時間がかかるんでしょうか?
また、徒歩で気を付けたい足元にはどんな靴を選べばいいのでしょうか?
大雪が降ったら前の晩に通勤時間をチェックです・・・!

スポンサーリンク
  

雪道の徒歩は時速どれぐらいなの?

平坦な道、上り下りがある道、歩道橋、階段など、条件によってやっぱり時間のかかり方は変わります。
ただ、一つ覚えておいてほしいのは、グーグルマップ上で検索する徒歩での所要時間はおおよそ分速90mで計算されているということ、そして信号や坂道・階段などの諸条件を含めて算出されているということです。

歩く速度が90m/sというのがどれぐらいかというと、大人の男性がスタスタ歩く速度のイメージで考えてください。
時速に直すと5.4km/h。

歩く速度って時速4キロだと聞いたことがあるのならば、それは行軍速度(重い荷物を持った状態での速度)です。
時速4キロがどれぐらいかというと、おばちゃんがしゃべりながら歩く速度(なんじゃそりゃ)ぐらいですかね。
そのため、女性やのんびり歩かれる方、荷物が重たい方などは普段でもグーグルマップが算出している時間よりもかかっていると考えてくださいね。

で、雪道になるとこれがどれほど遅くなるかというと、体感6~7割ぐらいになります。
ってことは時速でいうと3.2~3.7km/h、分速だと53~63m/s。
おばちゃんがしゃべりながら歩くよりも遅いというと、結構遅いイメージが出来るかと思います。

もちろん、積雪量や路面の状態、そしてあなたがどれぐらい雪道に慣れているのかにもよります。
また滑りやすい道、歩きづらい道というのもあるので、一概にこれが正解というわけではありませんので、おおよその目安として考えてみてください。

大雪の通勤に徒歩だと時間はどれぐらいかかる?

で、じゃあ体感6~7割ぐらいまで落ちる歩く速度では、どれぐらいの時間がかかるの?というと、1.5~2倍ぐらいの時間がかります。
例えば平坦な道で晴れた日に普通の男性が10分かかる道のりだったとしたら、15~20分かかると考えてください。

もちろん、慣れも大いにあります。
ちなみに一番歩きづらいのは都心だとツルツルに凍って滑る道です。次いで歩きづらいのは踏みしめられてボコボコになった道。
さらに、注意してほしいのが階段・坂道・木陰の道です。
なぜかと言うと、こういった場所は陰になりやすいので道が凍る場合があります。
そうなると普通の雪道なんかよりももっと危険で歩きづらく、大人が余裕で転ぶようになります。
なので、こういった条件の道を通るのであれば、相当余裕を持った方がいいですね。

スポンサーリンク

まずはあなたの通勤経路をグーグルマップで徒歩何分なのか調べて見てください。
雪が降ったらその1.5~2倍の時間がかかると考えて置いて、さらに坂道などの滑りやすい条件がある場合にはさらに加算させておきます。

早く着く分には問題ありませんよね?
だとしたら、徒歩の時間は二倍ぐらい見ておいた方が無難です。

雪の日の通勤の靴はどんなものを履けばいい?

オフィスでのお仕事や営業さんだと靴は重要です。
女性ならパンプス必須、男性も革靴ですよね。

ですが雪の日は出来れば靴の裏がラバーで、溝が深くて多い物を選んでください。
正直パンプスはオススメできません。
最も転びやすい靴の一つだと断言できます。

しかし服装規定的に無理、持ってないという場合には、素直に履きかえるのがやっぱりおすすめ。
行き帰りはスノーブーツ・トレッキングシューズなどに防水スプレーをかけるなどして対応し、就業中の靴は別で持って行ってください。
女性ならばブーツがいいです。
が、持っていない場合には厚手の靴下をはいたうえで、レインブーツで代用してみてください。
レインブーツは水分にはめっぽう強いですから、後は寒さだけ何とかしてあげれば雪の日でも使えます。

ちなみにですが、どんなに靴の裏にたくさんの溝があっても雪が詰まってしまえば意味がありません。
大雪で雪が全然溶けていないよ~という場合には、時折靴のかかとを地面に打ち付けるようにして、靴の裏に着いた雪を落としてあげてください。
これをするとしないでは転びやすさが全然違いますし、そして屋内に入る際にも比較的濡らさずに済みます。

雪の通勤まとめ

●雪道を歩く速度は晴れた日の6~7割程度になる
●グーグルマップの徒歩での経路検索はおおよそ分速90mが想定されているので、女性や歩くのが遅い方は少し余裕を見て!
●時間にして日ごろ10分で歩けるところが15~20分ほどかかると思っておいた方が良い
●オフィスでの靴を朝からはいていくのは無謀なので、ゴム底で溝が深く多く刻んであるブーツやスノーシューを履いていき、職場で履き替える

雪の日は歩く速度への影響だけでなく、電車やバスなどの交通機関も大いに遅れる可能性があります。
また、雪が無い駅構内も床が濡れているので非常に滑りやすく、いつもと同じように歩くことが出来ないことがあるので足元には本当に気を付けてください。
また『雪の通勤の服装や持ち物は何を気を付ければいい?注意点紹介』で雪の日の通勤に役立つアイテムを紹介していますので、同時にチェックしてみてください。
お気を付けて!

  スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました