新年・正月 季節-冬

神戸の三社参りなら、この順番で阪急を使って初詣にいこう!

投稿日:2017年10月17日 更新日:

東日本の人にはあまり馴染みのない風習・三社参り。これは初詣で三つの神社に参拝することです。

神戸には神戸市の三社参りと言って有名な神社が三つあり、正月はこの三つの神社に初詣に行く人がかなりいるそうです。お仕事や大学の関係で初めて兵庫に来たものの、どこに初詣に行こうか迷っているのならば、今年のお正月は思い切って神戸の三社参りをしてみませんか?

神戸市の三社参りについて紹介します。

スポンサーリンク
  

神戸の三社参りってどの神社へ初詣に行くの?

神戸の三社参りは

●生田神社
●湊川神社
●長田神社

の三社にお参りするとされています。

<生田神社>
JR三ノ宮駅、各私鉄の三ノ宮駅から北側に徒歩10分ほど。出口は西出口2か3で、東急ハンズ方面へ進んでさらに北に向かってください。

三宮にある神社です。関西で縁結びと言えば生田神社と言われるほど、恋愛成就・縁結びのご利益があることで有名です。桜の形をしたストラップ型のお守りがあり、これがまた可愛いんです。そして水に浸すと文字が浮き出る水みくじという一風変わった縁結びのおみくじがあります。

<湊川神社>
神戸高速鉄道・高速神戸駅から徒歩すぐです。 東改札から出て出口は14号1あるいは2出口を上がったらすぐに見つかります。

厄除け・開運・家内安全・合格祈願などのご利益があると言われています。現在の社殿は戦争で焼失したものを昭和27年に復興再建したものなので鉄筋コンクリート造りですが、戦後の現代的な神社の代表的な建物と言われています。神社なのに白い柱という少し変わった雰囲気が味わえます。

<長田神社>
神戸高速鉄道・高速長田駅から北側に徒歩7分ほど。西2の出口から出て、商店街を北へ、赤い鳥居が目印です。

厄除け・合格祈願などのご利益があります。社殿は大正時代に火災で焼失し昭和初期に再建したものですが、その後神戸市内で唯一戦火を逃れた大社です。非常に美しい朱塗りの社殿で、晴れ渡った空に非常に映える写真が撮れるかと思います。


この三社を回ることが一般的には神戸の三社参りです。生田神社と湊川神社は初詣参拝客100万人前後が見込まれる、全国屈指の混む神社ですので詣でる際には注意してください。

三社参りの順番 神戸編

さて、三社参りを初めてするにあたって気になるのは順番かもしれません。神様が喧嘩してしまわないかとか、どこから回ったほうがご無礼にならないのかとか。特別に信仰があるわけではないのに、初詣というだけでなんとなくでも気になっている方もいるのではないでしょうか。

一般的な三社参りは

①産土の神様(生まれ育った土地を守護している神様、引っ越ししても変わらない)
②氏神様(地域ごとに祭られている神様)
③鎮守の神様(その地域特定の建物や地域、森などを守護する神様)

という順番にお参りすることになっています。

これを知って、最初に思うのは「どの神社がどれだか分からないし、そもそもココは自分が生まれた土地じゃないしなぁ」というのが多いのではないかと思います。

ちなみに神戸の三社参りのそれぞれの神社がお祀りしているのは、
●生田神社:稚日女尊(わかひるめのみこと)
●湊川神社:楠正成
●長田神社:事代主神(ことしろぬしのかみ)
ということで、どなたが産土の神で・・・という観点から、お参りの順番を決めるのは現代人には少々難しいかもしれません。

そこで人間側の都合で大変申し訳ないのですが、ここはあなたの出発地点(自宅)によって参拝する順番を決めることをおすすめします。また、紹介する神戸高速鉄道を使った行き方は私鉄4線から乗り入れされているのでJR以外の沿線にお住まいならば大体使うことが出来ます。

一方であまり使ったことが無い場合には、乗り入れ駅と電車の乗り換えの駅が混乱しやすいと思います。あらかじめ自宅の最寄駅を起点に、経路の確認をしてから出発することをおすすめします。

【阪急神戸線・阪神電車 沿線に在住の場合】
この方々は各神社を東側から進んで行くのをオススメします。また阪急・阪神ともに神戸三宮駅がありますが、高速神戸駅まではそれぞれ別の駅に停車します(つまり並行している)。どちらかお好きな方に乗れば高速神戸まで行けますので安心してください。

■阪急神戸線・神戸三宮駅/阪神電車・神戸三宮駅 生田神社

◇神戸高速鉄道
 高速神戸行・新開地行 2駅5分130円

■神戸高速鉄道・高速神戸駅 湊川神社  ※湊川駅というのもありますが違うので注意!

◇神戸高速鉄道
 山陽姫路行 3駅12分130円
 (新開地行の場合には新開地で山陽姫路行に乗り換え)  

■神戸高速鉄道・高速長田駅 長田神社

【山陽電車 沿線に在住の場合】
この方々は各神社を西側から進んで行くのをオススメします。

スポンサーリンク
■神戸高速鉄道・高速長田駅 長田神社

◇神戸高速鉄道
 神戸三宮行 梅田行 3駅12分130円
 ※高速長田駅では山陽電車からは乗り換えですが、ホームが反対側になります

■神戸高速鉄道・高速神戸駅 湊川神社

◇神戸高速鉄道 ※阪急でも阪神でも同じです
 梅田行 3駅5分130円

■阪急神戸線・神戸三宮駅/阪神電車・神戸三宮駅 生田神社

【神戸電鉄 沿線に在住の場合】
この方々の場合には、神戸電鉄から神戸高速鉄道に乗り入れているのが各神社の丁度真ん中あたり(湊川駅)なので、西側からのルートか東側からのルートかはお好みです。

三社参りに行くなら阪急のこの切符

神戸高速鉄道を使った神戸の三社参りですが、実は例年、阪急電鉄、阪神電気鉄道、神戸高速鉄道、能勢電鉄の私鉄4社で使えるお得な一日フリー乗車券が発売されています。

<阪急阪神ニューイヤーチケット>

有効期間:1/1~1/11 (ただし1/1に限り12/31 18時~利用可能)
有効区間:阪急電鉄全線・阪神電車全線・神戸高速線全線(西代、湊川駅含む)、能勢版は能勢電鉄全線(ただしケーブル・リフトはのぞく)
発売金額:大人1000円 小人500円 (能勢版は大人1300円、小人650円)
発売期間:12/29~1/11
発売場所:阪急・阪神の各駅やカウンター・観光案内所など
特典:各社寺にて祈念品授与(1/7まで)

有効期間内の任意の1日で利用者一人に限り有効区間内乗り降り自由ということです。この祈念品ですが、紹介した三社それぞれがタイアップしています。阪急阪神ニューイヤーチケットの詳細はこちらからどうぞ。

こうなると気になるのはお値段の方ですが、大阪梅田から神戸三社参りに参加される方を例に考えてみます。

梅田→三宮 320円
三宮→高速神戸 130円
高速神戸→高速長田 130円
高速長田→梅田 470円
合計 1050円!

おっと、ギリギリお得といった程度ですね。

ということは、梅田よりも西側に在住の方ではお得にはならない場合もあるということです。ざっくり計算してみたところ高速長田から阪急・西宮北口駅あるいは阪神・鳴尾駅までが420円で、ぴったり1000円となります。

もちろん1/7までに初詣に行けば祈念品がもらえますので、乗車駅に関わらずいい思い出になるかと思います。交通費について悩まれている場合には、参考にしてみてください。

神戸で三社参りまとめ

神戸の三社参りはどこへどういけばいい?
●生田神社・湊川神社・長田神社の三つで頭の三社参りになります
●関西の私鉄沿線にお住まいなら各私鉄が乗り入れをしている神戸高速鉄道が便利
●記念品がもらえる阪急阪神ニューイヤーチケットを有効活用
一社しか初詣にいかないという地域ももちろんありますが、その土地に三社参りという風習があるのなら実際に体験してみるのも一興です。特に紹介した三社は非常に大きく有名な神社ですので、お参りするとお正月の雰囲気が楽しめると思います。

-新年・正月, 季節-冬
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。