大雪の通勤の服装 雪の日の靴は女性なら何を?パンプスやブーツは?

季節-冬

寒い寒いと思っていたら、雪の予報に「明日の仕事何着ていこう?」って慌ててしまうことありますよね。
雨ならまだしも雪ってちょっと面倒です。
濡れるだけでなく、滑るし寒いし、交通機関だってどうなっていることか・・・。
積雪の中、どんなコーデで仕事に行けばいいのか、スマートな服装選びのお手伝いをします。

スポンサーリンク
  

大雪の日の通勤の服装は?どういうコーデにすればいい?

寒い!ってなると問答無用でパンツスタイルを選びがちなんですが、実は雪の時こそスカートかチュニックを選ぶのがおすすめ。
なぜかと言うと、(特に関東などでは)雪は水分を含んで叩いても取れないし、とにかく濡れるんですよね。
濡れたところから体が冷えていくので、裾が濡れやすいパンツスタイルよりもあえてスカートやチュニックにしてしまうことで服の裾を濡らさない方が体を冷やさないんです。
なので私がオススメするのはワンピースorチュニック+タイツ+ブーツの組み合わせ
したにはヒートテックのタイツがおすすめです。
どうしても足腰が冷えるからパンツスタイルがいいという場合には、細身のフォーマルなパンツをブーツインさせてみてくださいね。

コートはお尻よりも丈が長いダウンコートに防水スプレーをしてあげてください。
どうしてもコートが一番濡れやすく予備を持って行きづらく、なのに転倒した時には一番被害にあいやすいので。
手袋などは予備を入れる余裕があれば一つバッグに忍ばせておくと、万が一転んでしまって手袋が濡れてしまっても帰りの心配無用です。

そしてファッション的に可能であればニット帽があるといいんです。
人間は一番頭から熱を発するのでココをガードしておくと温かいというのと、もう一つは転んだときに頭部を守ってくれます。

一方で寒さ対策としてのマスクは一長一短です。
確かに顔面をガードするのは暖かくていいのですが、マスクの外と中の寒暖差と息の水蒸気でメイクがべちゃべちゃになります。
マスクの換えも必要ですし、会社に着いたらまず先にメイク直しが必要になる可能性も。
そのためマフラーだけでは寒すぎる、でもマスクで口回りが崩れるのは嫌だなという場合には、妥協案でネックウォーマーをオススメしています。
ちょいちょい顔を上げて水蒸気を逃がしてあげる必要はありますが、一枚で事足りるので荷物が少しだけ楽になりますよ。

また、コーデに関して、一つポイントなのが室内での脱ぎ着です。
雪降って寒いとなると、室内の暖房をガンと上げる場合があります。
そうなると外で歩いてくるときにはちょうど良くても屋内では汗だくということがあり得るんです・・・。
なので意外と部屋の中では上着一枚脱いでいた方がちょうどいいぐらいのことが多いので、いつもよりも調整しやすい服装を心がけるのがいいかもしれません。

そして、風邪をひかないようにとどうしても肌の近いところにカイロを張りがちですが、低温やけどの可能性もあるのでこれはオススメできません。
それに体全体を暖めるならば、アウターの内側に貼るぐらいの方が、服と体の間にある空気の層を温めてくれるのでオススメですよ!

雪の通勤の靴で女性は何を履けばいい?

ただ滑らないことだけを考えるならばスノーブーツなんですけれど、そんなの持ってない!っていう方が普通ですよね。
なのでオススメなのはレインブーツ
昨今では梅雨時のマストアイテムになりつつありますが、もちろん雪道でも使えます。
裏側のラバーにちゃんと溝が深めにあるので、普通の靴よりも滑りづらくなっているのが多いのもポイントです。

もし普通のブーツを履いていくのならば防水スプレーをして行ってあげてください。
特に革のブーツは水にぬれるとしみになってしまうので、革用の防水スプレーをしっかりかけていってくださいね。
ブーツも守られますし、しみてこないのであなたの足も冷えるのが若干軽減されます。

また、そう言ったブーツが無い場合にはハイカットのスニーカーが最終手段ではないかなと、実際に雪道を歩いてみての感想です。
要ははね上げた雪が靴の中に入ってこないのが条件。
ならば出来るだけ足首をしっかりと包んだ形の靴で、ヒールがなく、そして靴裏がゴム底で溝がしっかり彫ってある物を選んでみてください。

もし職場環境的にパンプスしかNGという場合には、持って行くのがいいかと思います。
転んだら一発骨折なんてこともあり得るのが雪の日。
ココは大事を取っておいたほうがいいと思います。

スポンサーリンク

雪の通勤でパンプスをどうしても履きたいなら・・・

どうしても、雪道だけどパンプスしか履けない、パンプス以外の選択肢がないの・・・!という場合には、まずはパンプスがパカパカ脱げないようにしてください。
足に当たるからといって、多くの人が大きめの靴を選びがちなので、歩くたびにかかとが浮くような人がいます。
でもあれって足が靴に固定されていないので危険なんですよ。
足が浮かないように調整してみてください。

それでもやっぱりパンプスは危険なので、どうしてもという場合には

こういったもので対策をしていくしかありません。

また、雪の日の道を歩くにはいくつかコツがあります。
雪道では歩幅を小さくすることと、前傾姿勢になること、足の裏全体で踏みしめることが大事だとされています。
が、要はパンプスはこのコツのうち歩幅を小さくすること以外が出来ないから転びやすいというわけです。
なのでとにかく歩幅を小さくなるべく靴裏の接地面を大きくなれるように気を付けることです。

さらに転びやすい場所というのも道にはあって、道路の白線の上、建物のタイル、側溝の金属網、マンホール、歩道橋の階段などは滑りやすいので避けて通りたい場所です。
意外と見落としがちなのが、駅構内。
雪と水のミゾレ状態の物が靴から落ちてものすごく滑りやすくなっているので、平坦だし大丈夫と思って走るのは危険です。
また、木陰などに残った雪が一度溶けてから固まったアイスバーンは雪というよりもはや氷なので、絶対によけて歩いてください。

出来ればパンプスはバッグの中に入れて、歩きやすい靴やブーツで行った方がいいのは自明です。
ですがお仕事だとそれが出来ない場合もあります。
どうしてもという場合には、出来るだけ気を付けて歩いてください。

大雪の朝の通勤時の女性のコーデまとめ

●雪の日のファッションパンツスタイルよりもスカートやチュニックの方が裾が濡れず、体を冷やさないのでおすすめ
●足元はレインブーツを使うとよい。無ければハイカットのスニーカーなどがおすすめ
●どうしてもパンプスを履きたい場合には歩幅を小さくすることと、転びやすい場所を避けるように気を付ける。でもやっぱりパンプスはバッグに入れてブーツで行った方が無難

服装だけでなく、持ち物を工夫することでいつもよりも長くなりがちな雪の日の通勤を少しでも楽にすることが出来ます。
雪の通勤の服装や持ち物は何を気を付ければいい?注意点紹介』で荷物の工夫を紹介しているのでチェックしてみてください。

  スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました