年賀状 マナー 季節-冬

年賀状のマナーにボールペンはあり?筆記用具やペンの色は?

投稿日:2018年9月21日 更新日:

いつも早めに取りかからないと・・・と思いつつ、ずるずると年末までやらない代表・年賀状。
で、やり始めようと思ったら今度は、このペンで書いて本当にいいのかしら?となりませんか。
ボールペンって書きやすいけど、なんか失礼になりそうで、じゃあ何のペンを使うのが本来は正解なのかも知らず。
赤い色はもちろん使わないけど、じゃあ濃紺や青は使っていいのかどうかも良くわからず・・・。
年賀状を書くのに使えるペンの種類や色について紹介していきます。

スポンサーリンク
  

年賀状のマナー的にボールペンやサインペンは失礼なの?大丈夫なの?

消えない筆記用具代表選手と言えばボールペンです。
書きやすいし安くて手頃、一家に何本かはあるでしょうから家族みんなで書こうと言うときには全員に一本ずつ行きわたるであろう優秀なペンです。

ですが年賀状マナーの正解は、ボールペンは使っていけないわけではないが、使わないのが正式、です。
ややこしい!どういうこと?!ということで一言で表現するなら、『推奨されない』ということ。

まず、ボールペンは事務用品なので、挨拶状やお祝いごとに使うのは本来はNGなんです。
結婚式の時も名前は筆ペンか毛筆で書きますよね。
それと同じなんです。

しかし現在はそこまでしきたりにこだわることもなく、何なら年賀状のデザインだってパソコンでプリントアウトしちゃう状態です。
なので、使っちゃいけないわけではないんですが、目上の方やマナーにうるさい方には使わない方が無難です。

また、特に安いボールペンは細いのでどうしても文字が事務的になりがちです。
太い文字の方がお祝いの印象が強くなるので、比較するとどうしてもボールペンはランクが落ちる感じがしてしまうのです。

しかしながら書きやすいのも事実。
なので、もしボールペンで書く際には太目の物を選んでみてください。
ジェルインク(ゲルインク)のボールペンは書いた文字に筆圧が出にくく、また文字も太くはっきりくっきりするのでボールペンの中ではおすすめです。

年賀状に使う筆記用具のマナー

ボールペンはダメだって分かった。
じゃあ他のどのペンならいいわけ?サインペン?油性マジックどれ?!ってなりますよね。

まず一番いいのは毛筆だと考えてください。
お習字です。

はい、無理です私。
内容如何よりも文字の上手い下手に意識が行っちゃって、何書いてもアッカーンってなりそうです。
慣れない筆を使うよりは、気持ちを伝えやすい他のペンの方が何倍もマシってもんですよ・・・。

そこで次点でオススメなのが万年筆です。
ペンどこがちゃうねんと思われるかもしれませんが、万年筆で書いた文字を見てください。
普通のボールペンと違って、字に太さがありますよね。
しかも筆圧をかけたところが太くなり、力を抜くと細くなっていますよね。
実は万年筆は、ペン先のスリットに力をかけると隙間の幅が変わって、出てくるインクの量が変化するのです。
そのため筆圧で文字の太さが変わるんです。
ということで、味わい深い字になっているのが非常によくわかります。
こういった人柄出るような文房具が手書きの年賀状では好まれるようなのです。

同様の理由で筆ペンなども好まれますが、でもやっぱり難しいですよね。
そういう場合にはサインペンです。
特に筆サインペンと呼ばれる、普通のペンと同じ使い方で書いた文字が毛筆っぽくなるのがとてもオススメです。
筆サインペンにはペン先の柔らかさが色々あるので、ある程度毛筆になれている人なら柔らか目を使うと本当にキレイに書けます。
逆にマジで筆無理!って人は硬めを選ぶと、いつもと同じ感覚で文字を書くことが出来るのに太さと味わいのある字が書ける、不思議なサインペンなんです。

また、そういった特別なペンを買いたくないという場合には太さが二種類ある油性サインペンをオススメします。
なぜかと言うと、宛先には太い字が好まれる一方で、添え書きは隙間なので太いのだと字がつぶれてしまうからです。

スポンサーリンク

年賀状には太くて堂々たる字を書くことで、お祝いの雰囲気を出します。
それに見合うだけのペンかどうか、まずは試し書きしてみてください。

年賀状に使うペンの色は何色ならいい?

黒が前提なんですが、可愛い色もいいな~って思って他のカラーも使いたくなりますよね。
もちろん赤はダメだと分かっているけど、じゃあ青や濃紺、緑やピンクはどうなの?と。

実は赤い文字で書くのがダメなのは普通のお手紙です。
これは絶交を意味するので、絶対に赤い文字はダメ。

でも謹賀新年とかお祝いで赤い文字が書かれることもあります。
これは朱色が邪気や魔を払うことからデザインとして赤い字になっていることがあります。

じゃあ添え書きの一言はどうなのか?というと、やっぱり赤はあまりオススメしません。
絶好の意味がないからイイじゃん?と思われるかもしれませんが、受け取り手がその情報を知っていなければ意味がありません。
大抵の場合は、赤い文字の手紙は悪い意味ですから、結局やめた方がいいんです。

では青や緑などは?というと、オススメは出来ませんがギリギリセーフ。
背景の色の問題でどうしても黒が目立たない場合には、薄い色を使ってもいいと思います。
が!薄墨色はお葬式などで使うのでこれもまたやめておいた方がいいです。

基本は黒、デザイン上どうしてもという場合のみ他のカラーペンで書いてみてください。
まぁ結局一番大事なのは心を込めて書くことです!

年賀状のルールで使っていいペンの種類まとめ

●ボールペンはマナー的には本来は使わない方がいいので、目上の方やマナーに厳しい方への年賀状の場合には他のペンで書いた方が良い
●毛筆が一番いいが難しいので次点で万年筆。それも無理な場合には筆サインペンがおすすめ
●色は基本は黒が良い。赤は謹賀新年などの賀詞には良いが、手書きの添え書きには使わない方が良い。背景色の問題で黒が使えない時には、青や緑などで薄い物をチョイス

人によっては年賀状を何百枚も・・・という方もいらっしゃるかと思います。
なので、今回紹介したマナーを踏まえつつ、もしペンを買いに行く際には疲れない・書きやすいことを念頭にペンを探してみてください。
軽い筆圧でスルスルっと書けるペンだと、何枚書いても手が疲れないので非常に楽ですよ!

-年賀状, マナー, 季節-冬
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。