年賀状 マナー 季節-冬

年賀状の宛名書きを横書きはマナー的に?マンション名が英語なら?

投稿日:2018年10月6日 更新日:

年賀状の通信面(裏書)は様々なデザインがあっていいのですが、いろんなマナーサイトには「裏書が横書きなら表書きも横書きにするべき」とか「目上の方におくるなら表書きは縦書きにするべき」とか色々書いてあります。
結局のところどれが正解なのかも分かりませんし、正直言うとマナー云々の前に横書きにせざる負えない宛名の場合もありますよね。
どういうときにどうすればいいのか、マナーって難しい!
なのでとりあえず年賀状を送るだけでも失礼が無いようにまとめて紹介します。

スポンサーリンク
  

年賀状の宛名書きを横書きにするのはマナー的にどうなの?

基本的には年賀状の宛名は縦置き+縦書きにするのがマナーです。
手紙の書き方 宛名の書き方(はがき)にもありますが、宛名の横書きは親しい間柄の方やちょっとしたお礼状程度です。
年賀状は季節の挨拶状に当たるので、特に目上の方や上司などに出す場合には縦書きにしておいた方がよさそうです。

でも年賀はがきのデザイン・レイアウト自体が横なんだけど・・・という場合ですが、ぶっちゃけるとハガキの使い方として通信面の横書きもカジュアル仕様の使い方なんです。
本来ならば賀詞や添え書きを書く通信面(裏書)も縦書きに使うのがマナー的には正解。

なんですが。
そんなこと言ったって、もう印刷しちゃったしどうすんのよ?って感じですよね。
なのでもし迷ったら縦書きにしておいてください。

というのも、確かに宛名はもらった側も見るんですが、本来の役割は届けるところにあります。
ということは宛名書きを一番必要としているのは郵便局の人なんです。

日本の郵便局はとても優秀なので確かに横書き縦書き混ざっていても全然問題なく届けてくれます。
それでもお正月の年賀状ってものすごい量ですからちょっとでも負担を少なくしてあげたい・・・ですよね。

また、あなたが頂く年賀状を見て、縦書き横書きどちらが多いか見てみてください。
圧倒的に(通信面が横書きだったとしても)縦書きが多いんじゃないでしょうか?
それは官製はがきが郵便番号の枠がすでに印刷してあって縦書きしやすいように配置してあるから、ですよね。
だとしたらそれにしたがって縦に書けば届くということです。

マナーという言葉ばかりが先行しがちですが、結局のところそれはどういう意味があってマナーと言われているのか?根本に立ち返って考えてみるのはどうでしょうか。
縦書きがマナーというのは日本語が元々横書きを想定しておらず、縦に書くのがスタンダードだったからです。
現在もそれが受け継がれて縦書きの方が上等ということになっていますが、それを読むのが誰なのか、どういった使われ方をする情報なのか?を考えると、自然とどうすれば相手にとって良いのかが見えてくるのではないかと思います。

年賀状の宛名でマンション名が英語の場合にはどう書くのが正解?

縦書きにしておけばなんとなく大丈夫かな~とは思うものの、何らかの理由で横書きの方が見やすい場合ってありますよね。
一番多いのがマンション名が英語表記の場合、あるいは受け取り手が日本語が苦手で英語表記を望まれている場合、など。
昨今のレアケースだと、インターネット上での付き合いなので本名を知らないのでハンドルネームのローマ字で送りたい、なんてこともあるかもしれません。

一番多いのがマンション名などだと思いますが、実はローマ字で書く部分が縦書きでも横書きでもどちらでも問題ないってことなんです(身もふたもない・・・!)。
つまり英語の部分を

どちらで書いても大丈夫ということです。

スポンサーリンク

制度上それでもいいとはいえ、マナー的にはどちらが?というのは、正解は左側の縦にローマ字を並べる書き方
英語を縦に並べていく方が良いそうです。
これは英語を日本語の書き方に落とし込んだ形ということになります。

正式には宛名は縦書きがマナーと言いましたが、実は縦書き横書きでも問題なく届くのが日本の郵便制度のすごいところ・・・。
縦置き+縦書き
横置き+縦書き
縦置き+横書き
横置き+横書き
どれでも届きますし、宛名面の半分に通信文を書いても届きます。
何なら私製ハガキなら、横置きで宛名面の右半分/左半分どっちに書いたって大丈夫です。
なので上司の方や目上の方ではないのであれば、そこまで気にする必要はありません。

一方で、もし相手の方が外国人だった場合には、まず「縦書きがマナー」というところから見直す必要があります。
先ほども言いましたが縦書きがマナーなのは日本語に限った話ですよね。
そういう日本のマナーや習慣に則って年賀状を送ったとしても、受けとる方は外国人なら意味がないんです。
マナーというのは相手の方を不快にさせないためのものなので、相手の方のお国柄に合わせたマナーを使った方がいいですよね。
そのためそもそも宛名書きは縦書きするのがマナーという考えをいったん横に置いておくのをオススメします。

年賀状の表書きを横向きにするマナーまとめ

●宛名は基本は縦書きで書くのがマナー。裏書も実は目上の方には縦書きにした方が良い
●裏書を横書きにしてしまった場合でも、宛名は縦書きにしておいて大丈夫
●マンション名などのローマ字部分は縦にローマ字を並べても、その部分だけ横書きにしてもどちらでも大丈夫だが、縦にローマ字を並べるのが正解
●ただし受け取り手が外国人の場合には、受け取り手の文化のマナーに合わせる方がおすすめ

ちなみにですが縦書きでも横書きでも届く年賀状とはいえ、やっぱり一番のマナーは綺麗な字で書くことです。
どんなに書き方が合っていても小さくてゴショっと書かれた字だと、もらっても「う~ん?」って感じですよね。
年賀状の宛名に油性ペンや色はどれ?表書きにいいペンの種類』で宛名を書くのに良いペンを紹介しているのでチェックしてみてください。

また、宛名ばかりではなく自分の住所(差出人)の書き方にも実はマナーがあります。
まだ差出人書いてなくって気になる場合には『年賀状で自分の住所の場所はどこに?省略や手書きのルール』で確認してから書いてみてくださいね。

-年賀状, マナー, 季節-冬
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。