季節-春 お花見

夙川の桜の開花はいつになる?見ごろや種類の違いについて

投稿日:2018年3月21日 更新日:

西宮・夙川の桜といえば、川沿い約3kmに渡って植えられた様々な種類の桜トンネルで有名です。
その数なんと1600本以上。
西宮市が開花情報を出していますが、情報を見てから行く計画を立てたのでは遅い!
そんな人のために、例年の各地の開花情報からおおよその満開になる時期を考察してみました。

スポンサーリンク
  

夙川の桜の開花の時期はいつになる?

兵庫県西宮市の夙川の桜は地元民にとってもやっぱり有名で、春になるとお花見に行くと言う人も多いのではないでしょうか。
となると気になるのは開花の時期。

夙川さくら開花情報
https://www.nishi.or.jp/homepage/hana/sakura/2017/index.php
こちら↑で開花情報などを見ることもできますが、満開の情報を確認してから行ったのでは遅いですよね。

私も気になって調べて見たところ、過去3年間(2015~2017年)のソメイヨシノの開花(数輪咲いているかどうか)は、
 2017 3/28 
 2016 3/23
 2015 3/25
という情報が得られました。(おおよそですが)
実はこれ
気象庁 さくらの開花日
http://www.data.jma.go.jp/sakura/data/sakura003_06.html
気象庁が発表している桜の開花日の情報の神戸の日付と照合してみると・・・
 2017 4/3
 2016 3/26
 2015 3/27
と、神戸に比べて夙川の方が3~5日前に咲き始めていることが分かりました。

夙川の開花情報はピンポイントではなかなか得られませんが、神戸の開花情報が入ったらすでに夙川では花が咲き始めていると考えてもよさそうです(天候にも左右されますが)。
ということで夙川の桜の開花情報は神戸の数日前ぐらいと考えておくと、桜の開花予報から逆算しておおよそいつ開花するのかを自分で見当をつけることが出来そうです。

ちなみに今年(2018年)の神戸の予想は、
ウェザーマップ→3/25
https://sakura.weathermap.jp/area.php

日本気象協会→3/23
https://tenki.jp/sakura/expectation/

ウェザーニュース→3/23
https://weathernews.jp/s/topics/201801/170105/

となっています。
ということは3/20過ぎには夙川では桜が数輪咲き始めている頃ではないでしょうか。

夙川の桜の見ごろいつ?

さて、そんな桜の開花情報ですが、ソメイヨシノは開花から約一週間で満開になります。

もちろん夙川の桜も大半がソメイヨシノなのでこれに当てはめてみると・・・
 2017 開花3/28 満開4/5 
 2016 開花3/23 満開4/1? 4?
 2015 開花3/25 満開4/3?
という情報が得られました。
天候や気温に左右されますが、確かに開花からおおよそ一週間ぐらいでソメイヨシノは見ごろになるようです。

ということは神戸の開花時期とあわせて考えてみると
夙川開花→(3~5日)→神戸開花→(3~5日)→夙川満開
ぐらいのペースと考えた方がよさそうです。

ということで、桜前線や桜の開花予報を見てお花見に行くのを検討されている方は、神戸の開花予想の数日後ぐらいを狙って夙川へお花見に行ってみてはいかがでしょうか。

夙川の桜の種類と見ごろについて

桜と言えばソメイヨシノかもしれませんが、実は夙川の川べりにはソメイヨシノ以外の桜が多く植えられています。

一番多いのはソメイヨシノですが、それ以外にも八重桜や数種類のサトザクラ
そして珍しい種類の桜としては、普賢象・鬱今(うこん)・緋寒桜・大島桜・一葉・関山・夙川舞桜・西宮権現平桜があります。
特に西宮市は市の花がさくらであり、桜の品種改良に力を入れていて、夙川舞桜・西宮権現平桜は西宮の固有の品種で全国的に見ても珍しいものです。

このうち、緋寒桜は原産が南方なので非常に早咲きの品種として知られています。
そのため緋寒桜を見に行きたいと考えられている方は、ソメイヨシノが咲くよりも早く行かなければ見られません。
関東より南の地方でも2月には開花してしまうらしいので、お花見に行くと言うよりは緋寒桜をわざわざ見に行くと言った方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

また、大島桜もソメイヨシノより少しだけ早く咲き始めます
こちらは緋寒桜と違って一息早い程度です。
そのためソメイヨシノと咲いている時期が被っているので、一緒にお花見で見ることが出来ます。
しかし大島桜をメインで見たいと考えられている場合には、ソメイヨシノの開花よりも少し早目にお花見に行った方がいいでしょう。

逆にソメイヨシノよりも遅いのは普賢象・鬱今(うこん)・一葉・関山・八重桜です。
ソメイヨシノの満開時期が4月上旬であるのに対して、これらの品種の満開時期は4月中旬から下旬にかけてです。
夙川のさくら情報によると、毎年ソメイヨシノの開花からおおよそ2週間で八重桜が見ごろになっています。

西宮生まれの西宮権現平桜は4月上旬に開花、夙川舞桜の方はどうやらソメイヨシノより一息だけ遅い開花のようです(2017年お花見をした方の情報によると)。

なのでもしソメイヨシノの満開時期にどうしても用事があってお花見に行けなかったとしても、少し遅らせて他の珍しい品種の満開を見ることができます。
焦らずに天候の良い日を選んで夙川にお花見に出かけてみてください。

夙川の開花時期予想とお花見の時期まとめ

●例年を見てみると神戸の数日前に開花していることが多い
●神戸が開花した数日後に行くと満開になっていることが多い
●もしソメイヨシノの満開時期を逃しても、他に珍しい桜があるしそれらの大半は遅咲き品種

夙川の桜祭りは以前は屋台などが出て盛況だったのですが、数年前から屋台の出店が禁止になっています。
土日一方通行であったり夜間のお花見禁止区間、また場所取り禁止区域なども設定されています。
綺麗な桜を見に行くにあたって、よく確認のうえ楽しんでみてください。

-季節-春, お花見
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。