クリスマス 季節-冬

クリスマスに空いているところは?食事の穴場や混雑回避方法

投稿日:2018年10月25日 更新日:

ショッピングモール、ホテルのディナー、イベント会場、夜景の見える場所、どこもかしこもクリスマスはカップルばっかりで混んでる・・・ってゲンナリする人もいるかと思います。
でも考えて見たら人が集中する場所があるってことは、その分人が行かなくなる場所もあるというわけで・・・!?
理屈さえ分かれば、クリスマスでも空いている穴場スポットを自分で探すことも出来るようになります。
クリスマスに人込みの少ない、ガラガラのスポットを見つける方法を紹介します。

スポンサーリンク
  

クリスマスに空いているところは?比較的混んでいないガラガラの穴場スポットの探し方

最初にお断りしておきますが、『二人で夜景を独り占めできる!』とか『家族でほぼ貸切状態でイルミネーションイベントが楽しめる!』とかそういうことは出来ませんので悪しからず・・・そういうのを期待していた方にはごめんなさいorz
やっぱりクリスマスは、夜景とかイルミネーションとかイベントとか、そういうところに人が集まります。
人が集まるということは、いつも人が行く場所に行かなくなるという理屈なので、じゃあその『行かなくなる場所ってどこなんだ?』と考えていくことで、クリスマスにガラガラで楽しめる穴場スポットを探そう!という主旨です。

まず、クリスマスにあなたが持っているイメージを思い浮かべてみてください。
クリスマスツリー、プレゼント、サンタ、夜景、ホテルでディナー、イルミネーション、・・・すいません女子力低いんで私にはこれぐらいが限界です(((
でも総じて洋風なイメージ、そしてキラキラしている雰囲気が強いかと思います。
ってことは、大抵の人はそういう洋風・キラキラ・ゴージャスなイメージの場所へ集まるってことなんです。

そのため旅館とホテルならホテルだし、日本庭園と西洋庭園なら西洋庭園へデートに行く選択をします。
ならば空いているのはその逆。
和風でシックなイメージの場所がクリスマスにはすいているということになります。

それって具体的にはどこ?というと

●温泉
●純和風の旅館
●寺社仏閣
●下町散策
●登山
●熱帯植物園
●日本庭園
●美術館・博物館

このあたりが、クリスマスとはイメージがかけ離れているので空いている場所です。
特に寺社仏閣は、宗教的にもクリスマスイベントをやっているわけでもないですし、クリスマスの直後の正月の方がイベント的には強者なのでどうしてもガラガラに。
また、和風旅館や温泉は少し高いかもしれませんがゆこゆこネットなどのちょっと年配の方向けのプラン提供をしているサイトは特にガラガラです。
若い人向けのプランを提供している宿泊予約サイトは、クリスマスでも温泉に行ってもらおうとクリスマスプランを用意してある場合がありますので、予約が埋まってしまう可能性もあります。

熱帯植物園と日本庭園は、もうお分かりの通りクリスマスツリーというクリスマスと言えばコレみたいな植物があるのでどうしても負け組に。
でも熱帯植物園はクリスマスイベントをやったりするので意外と穴場だったりするんですよ。
またキラキラしたイメージがあまりないのか?美術館や博物館なども閑散としています。
もちろんクリスマス限定の特別展をやっていたり、冬休みイベントで小学生が集まったりしていなければ、なので事前にチェックする必要はあります。

そして初心者でも意外にオススメなのが登山です。
登山と言ってもロープウェイで上がれる程度の、例えば茨城県の女体山や東京の高尾山などで十分。
何でかというと夜頑張って登ると、そこから東京の夜景が一望できるんです。
東京のど真ん中で360度全方位というわけにはいきませんが、関東平野を一望できる夜景は素敵です。

また、クリスマス=冬ということで暖かい場所に人が集まりがちになることから、防寒さえしっかりしていれば

●海岸
●動物園

という野外スポットも人ごみが少なくなるのでオススメ。
特に海岸線は場所を選べば海の夜景が楽しめます。
車でドライブすれば行きかえりは寒くないですしね!

人が集まる場所のイメージ、そして行きたいと思う理由の逆を突けば、その時に空く場所というのが自然と見えてきます。
もちろんこれ以外にもきっとイメージの問題でガラガラの場所はたくさんありますので、機会が無くて行ったことが無い場所があったらクリスマスの機会に行ってみるのもいいかもしれません。

クリスマスに食事に行きたい穴場はどこ?

場所と同じく食事処だって逆を突けば空いているところはあります。

クリスマスの定番料理と言えば?
ローストチキンにケーキ、ビュッフェやホテルでコースディナー?
もう完全に洋食!!ってイメージしかないですよね。

なのでオススメは和食、特にお寿司屋さんと天ぷら屋さん
特に少し高めの、予約していくようなお店は意外と空いています。
ただし気を付けてほしいのが回転寿司。
最近の回転寿司はケーキもパフェもあるので、クリスマスでもそれなりに繁盛しております。
回転寿司屋に勤務していたときに「クリスマスに家族でお寿司」の光景はちょいちょい見かけていたので、お寿司ならば回らないお寿司がおすすめですよ!

スポンサーリンク

また、クリスマスにラーメン・牛丼・お好み焼きあたりも空きます。
これはなんというかご想像にお任せいたしますが、クリスマスにあえて食べに行きたいと思う物ではないんでしょう・・・ね。

これを逆手にとってクリスマスに彼女をラーメン屋に連れていったら、それはそれで問題ですのであまりオススメはできませんし、責任も取れませんので推奨はしません。
しかし、クリスマスも仕事で特に遊ぶあてなどないが仕事上がりに何かちょっと・・・というなら、いつも行列で食べられない有名ラーメン店が意外とワンチャン入れたり・・・?するかもしれません。

ただこう言っては何ですが、一番混雑を避けてゆっくり食事が出来るのは自宅でクリスマスパーティーです。
もし特別にどこかというのでなければ、お家で家族でクリスマスを楽しむのもいいかと思います。

クリスマスの混雑回避はどうすればいい?

さて、そもそも論でクリスマスをちゃんとクリスマスらしい場所で楽しみたい、でも人ごみは嫌!という場合。
我がままやなぁと思う反面、まぁ人間なんてそんなもんですよねw

そういう場合には、日時をずらします。
クリスマスと言えば24~25日がやっぱりピーク。
しかし商業的にはそこにピークは持っていくものの、その2日間だけが勝負ではないんです。
だいたい12月入ったらもうすでにクリスマスの雰囲気が色々なところから出てきますよね。

なので、クリスマスは楽しみたいけど混雑は回避したいという場合には23~25日からデートの日時をずらすことがおすすめです。
確かにこの方法だと当日イベント系は参加できません。
しかしイルミネーションなどは24日にいきなり飾り付けるわけではなく、恐らくそのン週間前から飾り付けされていますので十分に楽しめます。
平日に動けるようであれば、その方がなおよし。

ただし気を付けてほしいのが絶対にずらすなら前にすることです。
12/25を過ぎてしまうと、日本は残りの6日間で一気に年末&お正月商戦へとなだれ込みますので、クリスマスが楽しめるのは25日まで。
くれぐれもクリスマスの雰囲気の中でデートしたいのならば、25日よりも前にスケジュールを組んでください。

クリスマスにガラガラで混雑しない場所でデートを楽しむまとめ

●クリスマスの穴場スポットは、和風・シックな場所を選ぶと空いている
●12月で寒いので野外スポットは意外とガラガラ
●食べ物も和風の物を取り扱うお店は比較的すいている傾向が強い
●クリスマスの雰囲気を楽しみたいけれど人ごみを回避したい場合には、日時をずらすことである程度はすいている状態で楽しむことができる

クリスマスが終わったらあと6日で新年です。
年末年始、お正月だってぐちゃ混みする場所に好き好んで行きたいわけじゃありませんよね。
だとしたら『正月にガラガラな場所 年末年始の穴場スポットはいつまで混む?』もチェックして、すこしゆったりなお正月をすごしてみませんか?

-クリスマス, 季節-冬
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。