新年・正月 季節-冬

正月にガラガラな場所 年末年始の穴場スポットはいつまで混む?

投稿日:2018年10月22日 更新日:

年末は大晦日まで年末セールで混みあい、年始は正月から初詣と初売りセールで人ごみに突進。
確かにこれぞ日本の年末年始って感じですが、でも人出の多い場所でわざわざもみくちゃにされるのが好きという人は多くないと思います。
出来ればまったりしたい、ガラガラの穴場スポットでゆったりとした正月を過ごしてみたい。
人が一点に集中するということは、他のところから人がいなくなっているはず。
そんな逆転の発想で、大晦日・お正月含む年末年始でも空いていて混雑しない場所の見つけ方を紹介します。

スポンサーリンク
  

正月にガラガラで空いている場所は?

お正月にガラガラの神社に行って満喫!とかはまず無理なのでご容赦ください。
多分それは地元のさびれた神社なら何とか希望に添えるものと思います。
私が紹介したいのは、有名神社の初詣や初売りセール福袋争奪戦に疲れた方に見つけてほしい、お正月でもまったり出来るガラガラスポットの見つけ方です。

満員電車並みに混む神社や百貨店があるということは、普段人がいる場所からそういった集中する場所へ人が移動しているということです。
ってことはその普段は人がいるけど、お正月や大晦日だからあまり人がいない場所を探せばいいということ。

まず考えてみてほしいのがお正月と言えば?

●家族で家で団らん
●初詣
●百貨店で初売り

あたりが、日本人ならまず思い浮かべる人間集中ポイントですよね。
ならばその逆を行きます。

まずオススメなのが都内の観光スポット
渋谷、銀座、表参道あたりはガラガラです。
勤め人がみんな地元に帰ったり、お休みだったりするので基本的に人がいません。
代々木公園あたりも人いません。
お店は1月1日だとやっていないことが多いので期待はできませんが、人がいない丸の内とか、想像できます?
一見の価値はあるかと思います。

また、そこへ行く公共交通機関も空く傾向が強いです。
特に電車は貸し切り状態になることも。
ただし、有名神社へ行く方向の電車やバスは混みますからそれだけは調べておいた方がいいです。

そして地味におすすめなのが新幹線
さすがに元旦は移動する人がいないのかマジでガラガラ。
グリーン車貸切なんてことも実際にあったのだとか・・・。
元旦の1日だけ乗り放題の切符などもあるようなので、日帰り旅行をしてみるのもいいかもしれません。

また、遠くへは行きたくないし別に散歩がしたいわけでもなくという方におすすめなのがスーパー
スーパー???って思うかもしれないんですけれど、コストコでも地元のスーパーでも何でもOK。

大抵の場合はお正月に食べるものって年末までに買っておきますよね。
でもスーパーは店を開けるからには棚に何もありませんというわけにはいかないし、かといってお正月用品はすでに年末までに売れてしまっていて、さて売れ残りどうしよう?状態になっているんです。
なので賞味期限がぎりぎりでもないのに、半額シールがペタペタと貼ってあることが。
お正月用のちょっといいお菓子やデザートなんかも半額になっていることが多いので、面白そうなものがあったら安く買って家でお正月気分を楽しむことが出来ます。
もちろんスーパーもガラガラになる場所の一つ。

他にも普段は人がいるけれど、年末年始には普通行かないわ!ってあなたが思う場所があったらそれはきっと周囲の人も同じなのであえて逆を行ってみると、意外なガラガラスポットに行きあたるかと思います。

年末年始の穴場スポットは混雑回避で楽しめる?

お正月は神社と百貨店系が特に繁盛するので想像しやすいですが、じゃあ年末年始というくくりで行くとどうなんだ?というと、もちろん混雑しない穴場スポットはあります。
それは

●公園
●映画館
●動物園・水族館
●海
●ビジネスホテル

です。

公園と言っても先ほども出てきた代々木公園とかそういった大型施設です。
家の近所の公園ではないです(((
また映画館もわざわざ年末年始のあわただしいときに行くもんじゃありませんよね。
同様に動物園水族館も夏休みや冬休みなんかに行きたくなる場所だと思います。

でもそんな場所が12月31日や1月1日に空いてるのか?と思ったら、案外空いてるんですよ・・・。
動物園なんかは元旦からお正月イベントが開催されている場合もあります
動物さんが書き初めやったりするアレです。
ただし、上野動物園や葛西臨海水族園と言った公立の動物園・水族館は年末年始はさすがにお休みになっています。
狙っていくなら企業が運営しているところですね。

スポンサーリンク

また、海というのはまさにザクっとした括りになりますが、山よりも圧倒的に空いています。
理由は、山は山頂の一点に人が集まるのに対して、海は海岸線の線上に人が集まるから。
海からの日の出を見る人がいないわけではないのですが、山頂日の出よりかはずっと少ないです。
ただしかなり寒いので防寒具については装備をしっかりとして行ってください。

そして最後のオススメはビジネスホテル
ええ、出張とかの人がいないんでめちゃ空いてるんですよビジネスホテル。
同様に「ビジネス客歓迎」なんて言っている温泉旅館も空いてます。
ただし、ニューイヤープランを組んでいる場合にはピンポイントに12/31~1/1が価格設定が高くなっていたりするので少し注意が必要。
やす~く泊まって楽しみたいならば1/2~1/3の宿泊がおすすめです。

正月はいつまで混むの?

じゃあこの初詣や初売りセールにはいつまで人が集中するの?いつから混雑しなくなるの?というと多くは2日の午後以降から平常に戻って行きます

例えば新幹線は2日の午後から一気に座席が埋まります。
これは多くの会社が4日が仕事始めのため、2日に帰って3日は家でゆっくりしてから4日に出勤しようと考えているからです。

一方で新幹線の座席の埋まり方は12/30、12/29、12/31の順番です。
つまり12/31~1/2の午前中ぐらいまでがこれまで紹介してきた様々な穴場スポットの期限ということ。

一方で三が日とはいえ3日以降になると初詣客もグッと少なくなりますので、神社が逆に穴場になるんです。
大きい神社では三が日中はだいたい露店も空いていますから、どうしても人ごみが苦手な場合には三日以降に初詣に行くのがおすすめ。

しかし初売りのセールはどうしても最初に一番いい物が売れてしまいますので、残念ながらこればかりは頑張るしかありません。
最近は大手百貨店が一月一日元旦は閉店をして従業員にもお正月休みを、という風潮が強くなってきています。
なので無理に元旦に動かなくてもいいかもしれませんし、徐々に人の集中がばらけていく可能性もあるいは考えられます。

年末年始混雑しない穴場スポットまとめ

●お正月にガラガラなのは、ビジネス街・新幹線・スーパーなど
●年末年始の穴場スポットは映画館・動物園・水族館・シティホテルなど
●多くは1/2以降に混雑が解消されていくので、初詣などは3日以降にすると混雑回避ができる

たくさんの人でにぎわっている中を歩くのも一つの楽しみと言えば楽しみなんですが、それに下って限度はあります。
もし「去年は正月で疲れてしまったなぁ」と感じたら、今年はゆったり楽しめる場所へ行ってみるといいかもしれません。

-新年・正月, 季節-冬
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。