彼氏がダイエット中のバレンタインに手作り?糖質制限中は?

季節-冬

バレンタインと言えばあげるのはチョコレートと相場が決まっていて、どこの売り場もチョコのあまーい匂いが充満しています。でもそんな世間の流れに逆行するかのように彼氏がダイエットを始めてしまったら?! これで甘いものをあげたら、逆に怒られてしまいそうです・・・。

彼氏がダイエット中の場合にはバレンタインに何を贈ったらいいんでしょうか? 手作りだからと安心して渡して微妙な顔をされたり、ダイエットと言っても糖質制限で筋肉を付けようとしている場合には何をあげたらいいか本当に分かりませんよね。

ダイエットとバレンタインの微妙な攻防についてまとめました。

スポンサーリンク
  

彼氏がダイエット中なんだけどバレンタインはどうすればいい?

正直申し上げますと、一回二回チョコレートを食べたところで太るのなら、大抵の人は太ってますよね。だから気にせず食べろや!!と無理やりにでも口にチョコを流し込んでやりたいところですが、そんなことをしたら怒られますので・・・くれぐれもやらないようにしてください。

そう、太った原因が甘いもの好きだったとしても甘い物を摂取しすぎているのが太っている原因であって、彼女からのチョコぐらい食べたって大丈夫のはずなんです。つまり彼氏が気にしているのはダイエット中であるということに対する配慮の有無。

「俺、ダイエット頑張る」
「そう、頑張ってね。はいチョコ」
「俺の話聞いてたか?!」

というやり取りはもはや漫才ですが、要はここで「がんばってね、はいプロテイン」と言ってくれた方がいいわけです。

そのため、ダイエットを公言して俺頑張るモードに入っている男性に対してはチョコレートを贈るというのは「俺を太らせようとしてるの?ダイエットの邪魔しに来てる??」と思われかねないので、チョコレート以外の物を贈るのをオススメします。

ただ、お菓子が好きでお菓子断ちをしてダイエットを頑張っているタイプの彼であれば、お砂糖少なめのお菓子でも可。お菓子が特別好きというわけではない場合には、お菓子以外の食べ物や食べられない物品(ネクタイ等)がオススメです。

もちろん渡す際には、ダイエット頑張っていることを認めたうえで、少しだけ贅沢だよ?と今日が特別であることを忘れないように釘を刺しておきましょう。今日が特別で明日も特別で・・・と食べ続けたらダイエットの意味がありませんからね。

バレンタインは手作りならダイエットも大丈夫・・・って落とし穴が?!

そんなダイエット中の彼氏にだって、市販のチョコじゃなくて手作りで低カロリーなお菓子を作って渡せば大丈夫!と考えますよね。クックパッドなどにもたくさんの「低カロリー」や「低糖質」のレシピがあります。

もちろんこれらのレシピから好きなものを選んで作って渡せば、お菓子なのに、甘いのに、ダイエット中も食べられてハッピー!となること請け合いなのですが、一つだけ落とし穴があります。

男の目には、大抵お菓子はどれも同じように見えます。特に2月は頭の中にはチョコが詰まってるのか!というほどチョコチョコしい感じになっております。

そのため、あなたが丹精込めて作った低カロリー・低糖質のお菓子と、高カロリー・お砂糖たっぷりのお菓子の見分けは付きません。日ごろ料理をしない男性ほどこの傾向は強くなります。お菓子は全部丸ごとひっくるめてお・か・し!で区別が付かない可能性があるのです。

ですから、あなたが配慮をして作ったお菓子も「これなら食べられる、あんまりお砂糖使ってないから大丈夫だよ」ということをちゃんと伝えなければ、お菓子を持ってきた→俺のダイエットの邪魔をryという勘違いを起こしかねないのです。

そのため、もしあなたがちゃんと低カロリーで低糖質のダイエット用レシピでお菓子を作ってあげようと奮起するのであれば、渡す際にこのお菓子がダイエット中でも大丈夫であることなどを伝えてあげる必要があります。もしそれが難しようであれば、手作りでもお菓子をあげるのは諦めたほうが無難かもしれません。

糖質制限中のバレンタインは一体何を渡せば喜ばれる?

ダイエットにもさまざまな種類がありますが、その中でも脂肪をそぎ落とすよりも筋肉を肥大させる方に重きを置いた人は極度の糖質制限を行う場合があります。もちろん普通のダイエット(体脂肪を低下させる)場合にも糖質制限は行いますが、普通のダイエットに比べて食べるものの種類や量、カロリーなどを緻密に計算しているイメージが強いのが糖質制限です(そうでない場合もたくさんあります)

こういった糖質制限中の彼氏にはいったい何をどう渡せばよいのか・・・恐らく苦心されていると思います。

特に筋肥大を目的として糖質制限とトレーニングを行っている方は、本当にシビアに食べるものをこだわっていますので、無理に口を開けさせてチョコを流し込むことはできません(というか普通でもしませんw)

なのでここでは無難に、ネクタイやちょっと高めのボールペンなどの物品に妥協してしまうのが楽と言えば楽です。

スポンサーリンク

が、ここであえて候補に挙げたいのがプロテインです。特に筋肥大を目的とした方はよく飲んでいます。実はこのプロテインには様々な味があり、その中にチョコレート味というものが存在します・・・!

プロテインは牛乳から糖質と脂質を取り除いたタンパク質の粉なので糖質はほとんど含まれていません。それは味が変わっても同じことなので、チョコレート味だからと言って甘いわけではないんです。

このオプティマムというメーカーは海外製品ですが、比較的飲みやすいタイプ(味)が多いのが特徴です。ただしプロテインは飲みやすい・飲みにくいがかなりあるので日ごろ愛用されているプロテインと違う場合にはオススメすることはできません。もし日ごろからプロテインを愛用されていて、同じメーカーの物を飲んでいるのであれば、あるいは候補に入れてみてもいいかもしれません。

プロテインは意外とお値段がする上、飲みやすさの点で当たり外れが大きいので全面的にオススメすることはできません。しかし、もしどうしてもストイックな糖質制限中の彼にチョコレート的なものをあげたい!もうそれ以外考えられない!という場合にはプロテインの方向も考えてみるのはいかがでしょうか?

ダイエット中の彼とバレンタインのまとめ

●ダイエット中にしてほしいのは配慮
●手作りでもちゃんと低糖質なものであることを伝えないと、男性の中ではお菓子で一括りの可能性も
●ストイックな糖質制限中の場合には物品か、大穴でチョコ味のプロテインも・・・?!

一口二口のチョコを食べたぐらいで体重が変わるなら、もう私は化け物級に太っている自信がありますが、ダイエットをしているご本人にしてみれば目の前の一欠けらのチョコの誘惑がそもそも問題なのです。それだけ本人が真剣に頑張っているのであれば、仕方がないので付き合ってあげようと、彼女のあなたはドンと構えていてみてください。

  スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました