リケジョのおすすめ 旅行

ハチ北にスキー旅行!スキー場への行き方やレンタルの注意点

投稿日:2017年9月26日 更新日:

冬と言えば、やっぱりスキーかスノーボードでしょうか? シーズンに一回ぐらいは行きたいな~と毎年思います。

関西で気軽に行けるスキー場はいくつかありますが、関西圏でも最大規模のスキー場『ハチ北スキー場』について紹介したいと思います。

どんな雰囲気のスキー場なのか、具体的な行き方、交通手段、そしてレンタルショップの情報とレンタル時の注意点などをまとめました。
お手軽スキーをしに行く際、他のスキー場との比較に役立てていただければと思います。

スポンサーリンク
  

ハチ北にスキー旅行に行くなら

「ハチ北」と聞くと関西の方はCMで聞いたことあるなぁと思われるかと思います。
兵庫県の北部にいくつもあるスキー場のうちの一つで、山頂で行き来できるハチ高原スキー場と合わせると関西でも非常に大きな部類のスキー場です。
スキー場がある鉢伏山の南側が「ハチ高原」北側が「ハチ北」と呼ばれています。

ハチ北へスキーをしに旅行に行こうを考えられている場合には、スキー・スノーボードが中級者向け以上の方が安心です。
双方のスキー場は山頂でつながっていてリフト券などは共通で楽しめますが、ハチ北の方が勾配がきつく長いコースが多く、もう一方のハチ高原の方がなだらかで幅が広いコースが多くあります。
ファミリー向けだとするとハチ高原ですが、ガンガン楽しんで滑りたいという方にはハチ北の方が楽しめると思いますよ!

ハチ北最大のメリットは、山頂からノンストップで降りて来られる4kmにもなるロングコースがあることです。
さらに難易度に挑戦したい方には、上級者を超えた「北壁」という超上級コースもあり、ガッツリ滑りたいという欲求を満たすのにはピッタリです。
また、鉢伏山の北斜面にあることからハチ高原よりも積雪量も多少多い傾向があるようです。


ハチ北の宿泊施設はいくつかありますが、ゲレンデ目の前となると旅館・民宿がほとんどになります。
ホテルとなると少し離れた場所にあるリゾートヴィラハチ北や、スキー場野間ゲレンデの中に建つプチホテルAoitoriなどで、ゲレンデまでは宿泊施設からの送迎バスで行く場合があります。
そのため、行き来するバスを逃すと行き来するタイミングを失うことになるので注意が必要です。
ちなみにハチ北ではナイターの時間は設定されておらず、17:00までとなっています。

一方、ハチ北にはハチ北温泉という施設があるとおり、ほとんどの宿泊施設に大浴場の温泉が付いています。
スキーを楽しんで冷え切った体を温泉で温めてから美味しいお料理をいただく、なんてちょっと大人な贅沢が出来るのがハチ北スキー場の特徴です。

ハチ北のスキー場への行き方

ハチ北へは、バスツアー・マイカー・電車の3つの方法でアクセスが出来ます

<バスツアー>
主な運航会社は神姫バス・近畿バスです。
大阪方面・神戸方面・岡山方面・福岡倉敷方面からのバスが出ています。
ハチ北バスツアー
ハチ高原とハチ北共通リフト券1枚付きで、大阪・神戸発の場合には日帰りと宿泊の双方が選べます。

<マイカー>
マイカーでのハチ北スキー場ゲレンデへのアクセス方法

1.北近畿豊岡自動車道の八鹿氷ノ山ICを下車
2.国道9号線を鳥取・新温泉方面へ、関神社前まで直進
3.関神社前で交差点(★看板あり)を国道9号線 鳥取・新温泉方向へ(道なり方向)
4.ループ橋、但馬トンネルを超えて福岡の交差点(★看板あり)を直進(左折するとハチ北温泉や民宿がある)
5.兎和野高原口の交差点(★看板あり)を左折
到着!
車で約30分の道のりです。
とんでもない寒波に当たった場合は無理ですが、通常の積雪量であればスタッドレスタイヤでも十分に到達可能のようです。(一部では無理だったとの報告もありますのでご注意ください)
ただし積雪が多き場合にはこの限りではありませんので、十分天候・運転には注意してください。
また、リフトが動き始める営業開始8:00の1時間ぐらい前の朝7:00ごろから車が増え始めます。
スキー場、ゲレンデへ至る道は勾配がある部分もありますので、十分に注意して運転をしてください。
詳しくはこちらから確認してみてください。

スポンサーリンク

<電車>
山陽本線の八鹿駅まで電車行き、そこからはバスかタクシーとなりおり、合計で約3時間程度の距離です。

山陽本線 八鹿駅までは大阪・三ノ宮・京都からそれぞれ特急がでており、2時間程度の時間が見込まれます。

また八鹿駅からは
八鹿駅>(全但バス 湯村・秋岡・村岡行 約40分)>ハチ北口
ハチ北口>(徒歩3分)>福岡横丁
福岡横丁>(全但バス ハチ北行き 約12分)>ハチ北
となっています。
タクシーの場合には約45分程度が見込まれます(積雪量や渋滞の状況によって変わります)
詳しくはこちらから確認してみてください。

ハチ北でスキーをレンタルするときの注意点

ハチ北スキー場、ゲレンデ前にはスキー用品のレンタルショップが4つあります。

SPORTS SHOP HISAYA/SP (お宿ひさ家の直営レンタルショップ)
C.Bレンタルショップ (オープンカフェが併設)
レンタルショップSKI BOX (一番大きなショップ)
レンタルハウスマック (リーズナブル?)

これ以外に
プチホテルAoitori・さかえ・旅館 なかや・旅館 とみや
は、宿泊施設にレンタルショップが併設してあるので宿泊とレンタルを一緒に行うことが出来ます。

おおよそスキー3点セット(板・ブーツ・ストック)で約3000円/日、ウェアまで含めてたセットで5000~6000円/日です。

ただし気を付けるポイントが2点。
一つ目は全部含めたセットにゴーグル・帽子・手袋が付いていない場合があります。(店舗に寄ります)
その場合には+5000~10000円程度で買うことになりますので、お金を準備しておくか、あらかじめ買っておいた方がいいと思います。
二つ目はゲレンデにATMが無いことです。
現金のみの取り扱いの場合もありますので、十分にお金をおろしてからゲレンデへ行くようにしてください。

まとめ

ハチ北にスキー旅行に行くなら!
●中級以上のコースが充実!ハチ高原とは山頂でつながっているのでめっちゃ広い!
●バスツアー・マイカー・電車と行き方が充実
●ゲレンデ前にレンタルショップは4つ、宿泊施設併設のレンタルショップも多数あり

ハチ北は初心者にはあまり向かないスキー場ですが、慣れてきてガンガン滑るのが楽しい!という方には非常におすすめのスキー場です。
また、スキー+温泉+但馬牛という組み合わせで宿泊施設は売り出しているので、ちょっと贅沢なスキーに行きたいという人にはピッタリだと思います。
関西のスキー場をお探しの際には参考になれば幸いです。

-リケジョのおすすめ, 旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。