リケジョのおすすめ

暗い部屋で写真の撮り方スマホ版 暗いところで撮れて補正も可能なアプリ

投稿日:

インスタグラムやツイッター、フェイスブックなど
スマホで撮った写真を載せたい場面はたくさんあると思います

でも暗めの室内、フラッシュ禁止の場所で撮った写真は
色も粗さも残念なことになっていることが多いです

そこでスマホを使った暗い室内での写真の撮り方や
フラッシュ無しでも暗いところで写真が撮れるアプリ(Android用)
そして暗くなってしまった写真を補正してくれるアプリ(Android用)
をご紹介します

スポンサーリンク
  

暗い部屋での写真の撮り方スマホなら?

少し暗めの店内、いい感じの雰囲気でディナー♪
お料理の盛り付けがとてもきれいだったので写真を撮ってみたら
非常に残念な状態に・・・・なんてこと、ありませんか?

実はスマートフォンに限らず、室内の撮影ではノイズが出やすいため
暗めの部屋で写真を撮るのはとても難しいのです

だから上手く撮れないのは

「カメラの解像度がイマイチだから」「スマホだから・・」

という問題ではないんですね



このような室内・暗い場面で写真を撮る場合には

●F値を小さくして明るくする
●ISOを低めにする
●TV(シャッタースピード)を長めにする
●フラッシュ・窓や扉を開けて少しでも明るめにする
ということである程度の写真を撮れるようになると思います



と、小難しいカメラの用語を言われても分からない!
どれがどういう意味なの?!と私がなったので調べてみました

<F値とは?>
カメラには「絞り」というものが付いていて
これの大きさによってカメラが取り込む光の量を変化させることができ
この光の量が「F値」と呼ばれています
F値を小さくすると絞りが開いて光の量が多くなり、背景がボケやすくなり
逆にF値を大きくすると絞りが小さくなって光の量が減り、背景がボケにくくなります

<ISOとは?>
デジタルカメラが光を捉える能力を表す値です
数値が大きくなると感度があがり、シャッタースピードが速くなりますが
ノイズも大きくなるので画像がザラつきやすくなります
逆に数値が小さくなると感度が下がってシャッタースピードが遅くなりますが
ノイズは低減されるので暗くても綺麗に写すことができます

<シャッタースピードとは?>
シャッターが開いている時間の事です
シャッタースピードが遅くなると手ブレや被写体が動いてブレやすいですが
シャッターが開いている時間が長い分だけ明るい写真を撮ることが出来ます



例えば暗めの店内でお料理の写真を撮りたいのであれば
手ブレしないようにちゃんと固定した状態で
シャッタースピード長めならば写真が撮れそうですね

しかし室内で動くものを撮影する場合にはシャッタースピード以外の
F値やISOの値を変えて写真を撮ったほうがよさそうです

また、可能であればやはりフラッシュやライト以外に光源があるのがベストです

暗いところで写真をスマホで撮るためのアプリ

と、そんなことを言われても
私のAndroidスマホに元々入っているカメラアプリには
そんな設定をいじれるところはありませんでした・・・・!

無ければ、機能があるカメラアプリを使っちゃえ!
あるいは暗いところ用のカメラアプリを探せばいいんだ!
ということで、暗い場所でもちゃんと写真が撮れるアプリを探してみました

お試し写真は自宅の廊下で電気を点けずにとったらどうなるか?です
ちなみにAndroidスマホに元から入っているカメラアプリで撮った同じ写真はこちら

う~ん、暗い!粗い・・・。
同じ条件で様々なカメラアプリで撮影してみました



<A Better Camera>

とても細かく設定をいじることができるカメラアプリです
使いこなせれば非常に心強い!
また、撮影モードもパノラマなど色々入っているので
暗い場面以外でも活躍できそうで、マクロなども入っています
無料版を使ってみましたが、一部の撮影モードは有料となっています
A Better Cameraのアプリはこちらから

<Android用HDカメラ>

スマートフォン画面上では「カメラ」とだけ書かれているアプリ
モードなどは色々いじれるものの、少し物足りない感じが・・・
お手軽感はあるものの広告がちょっとお邪魔な感じです
Android用HDカメラのアプリはこちらから

<Night Camera>

こちらはカメラの設定ではなく
何枚も同じ写真を撮ったものを合成して明るくしてくれるアプリ
手ブレしないように固定して8枚撮ったものを明るく合成してくれます
精度は非常にイイ!
撮影中は動かないように注意が必要です
また、日本語対応しておらず英語なので
保存先など設定を換える場合には注意が必要です
Night Cameraのアプリはこちらから

スポンサーリンク

<夜撮カメラ>

Night Cameraと同じく複数枚撮って合成して明るくするタイプのカメラアプリ
Night Cameraと違ってこちらは30枚連写してからの合成です
そのため時間がかかりますが、手ブレ補正を自動でしてくれたりと高機能
無償版ではサイズが小さくなるのが少々残念です
夜撮カメラのアプリはこちらから



やはりフラッシュ無しで暗い廊下で写真を撮るのには限界があります
しかし、この悪条件でこれだけ写真が撮れるということは
暗い店内などであってもこれ以上の写真は撮れるということ!

今後、もし暗い室内でフラッシュなしで綺麗に写真を撮りたい場合には
こちらのアプリを参考にしてみてください

写真が暗いのを補正してくれるアプリAndroid用を紹介

さて、今後室内で撮るならこれ!というアプリは見つけられましたが
これまで既に撮った写真だって、綺麗に明るくしたいものです

そこで暗い写真を補正してくれるアプリ(Android用)を試してみました

先ほどのこのくら~い写真をそれぞれのアプリで補正しています



<Aviaryのフォトエディター>

細かい調整を一つ一つ直感的に行えます
自動調節は見当たらないのですが比較的軽く扱えました
調整以外のエディター機能が非常に充実しています
Aviaryのフォトエディターのアプリはこちらから

<Pixlr>

今回紹介した補正アプリの中では一番調整の上限下限の幅が高い印象を受けました
またカメラ機能とコラージュ機能も同じアプリ一つの中に入っているので
写真を撮って調整してコラージュするまでを一つのアプリ内で手軽に行うことが出来ます
Pixlrのアプリはこちらから

<Snapseed>

細かい調整でいえばAviaryのフォトエディターに軍配ですが
自動調整機能付きのためワンタッチで綺麗にしてくれます
情報部分でどんな写真に調整したいかを簡単に説明してくれているので
「こんな写真にしたい!」というのがあればお手本があるので◎
Snapseedのアプリはこちらから

まとめ

暗い部屋でスマホで写真を撮るなら?
●F値小さ目・ISO低め・シャッタースピード長め・光源確保で撮影する
●暗いところで撮影可能なカメラアプリを利用
●すでに撮ってしまった写真は補正アプリで対応

フォトジェニックなイベントやアイテムが増えていく一方で
フラッシュ禁止の撮影場所もたくさんあると思います
そういう場所でも綺麗な写真を、ルールを守って撮影していきたいですね

-リケジョのおすすめ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。